読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Unlimited Beer Works

ビールを醸造しているわけではありません。限りなく消費しております。

『大山とうふまつり』 於 大山 神奈川

毎年恒例の大山とうふまつり

今年は24回目だそうで、いつもは3月最初の土日なのに今年は3月中旬開催だった。

f:id:mash_jajp:20140502225112j:plain

さてまずは仙人鍋から、ということで駐車場へ

 

すでに仙人鍋の列ができていた。

f:id:mash_jajp:20140503001055j:plain

f:id:mash_jajp:20140503001521j:plain

f:id:mash_jajp:20140503001627j:plain

いただきます。(^人^)

 

 

さて仙人鍋をいただいたあとは、少し下って

f:id:mash_jajp:20140503003246j:plain

大山まんじゅうの「良辨」さん

こちらは大山とうふまつりで毎年お茶と茶菓子を出してくれる。

f:id:mash_jajp:20140503005133j:plain

しかもお菓子は、日本全国から取り寄せたものが何種類も用意されている。

 

f:id:mash_jajp:20140503004054j:plain

今年のσ(゚゚)のお菓子は、お店で売っている大山まんじゅうと

f:id:mash_jajp:20140503004731j:plain

でっち羊羹。

大山まんじゅうはあいかわらず旨い!

でっち羊羹はネットリとおいしい。

 

良辨さんでは帰りのおみやげの大山まんじゅうを予約して、再度の出発。

f:id:mash_jajp:20140503005209j:plain

f:id:mash_jajp:20140503005411j:plain

商店街(?)を通ってケーブルカー駅へ

f:id:mash_jajp:20140503011120j:plain

ケーブルカーで大山阿夫利神社の下社へ

f:id:mash_jajp:20140503011154j:plain

f:id:mash_jajp:20140503011226j:plain

山には雪が残っている。

f:id:mash_jajp:20140503011039j:plain

ケーブルカー駅あたりからの遠景。

f:id:mash_jajp:20140503011442j:plain

そして鹿。

 

さて、このあたりでちょっと食事

f:id:mash_jajp:20140503011817j:plain

下社の階段の脇にあるレストハウス

 

ちょうどこのとき「春の大山とうふ 味めぐりキャンペーン」が開催されていた。

1,000円で3枚綴りのチケットを購入すると、チケットを使って3品の大山の豆腐を使った軽食が食べられるというもので、当然σ(゚゚)達一行もチケットを購入済み。

レストハウスもキャンペーン参加店で、こちらでは「おからコロッケ」とコーヒーのセット。

このおからコロッケがかなりおいしく、これで1,000円/3品というのはのっけからかなりオトク。

 

 

 

食事の後は大山寺へ。

その途中、鹿が。

f:id:mash_jajp:20140503012106j:plain

わかります?

 

ケーブルカーに再度乗って

f:id:mash_jajp:20140503012149j:plain

降りる。

 

さて、味めぐりキャンペーン、2店舗目は「山ゆり」さん

f:id:mash_jajp:20140503012247j:plain

しかし千草豆腐は売り切れ、いちごババロアも残り1つ

f:id:mash_jajp:20140503012749j:plain

 

さらに下って「東学坊」さん

f:id:mash_jajp:20140503033438j:plain

こちらでも豆乳パンケーキは売り切れ。

ということで

f:id:mash_jajp:20140503012813j:plain

豆乳クリームシチュー。旨い!

東学坊さんは一度入りたかったのだが、良い感じ。

 

さてこのあたりで大山とうふまつりから退散。

f:id:mash_jajp:20140503012923j:plain

 

最後にいつもの大山綜合食品さんで豆腐を買って、おからをもらって(^^;

f:id:mash_jajp:20140503013027j:plain

もう一度お参りをして帰ることに。

f:id:mash_jajp:20140503013356j:plain

舞台のほうで稽古していたな。学生かな。

 

この日、この後のことは次の記事で。