Unlimited Beer Works

ビールを醸造しているわけではありません。限りなく消費しております。

『よなよなエール』 ヤッホーブルーイング 工場見学

長野に所用があった。

せっかく長野まで来たので、ヤッホーブルーイングの工場見学に佐久平まで寄ることにした。

ちなみに参加費 900円。(追記:おみやげのビール1本付き)

f:id:mash_jajp:20120811104157j:plain

f:id:mash_jajp:20120811104212j:plain

中に入る

f:id:mash_jajp:20120811104243j:plain

f:id:mash_jajp:20120811104232j:plain

いきなりタップが...

さて、人も集まり工場見学。

f:id:mash_jajp:20120811105425j:plain

帽子をかぶって....

まずはビールの材料のお話から。

f:id:mash_jajp:20120812180945j:plain

まずは麦。

f:id:mash_jajp:20120812181010j:plain

ホップ

f:id:mash_jajp:20120812181224j:plain

ペレットも使っているが、最後の香り付けにリーフホップを使っているとのこと。

 

そして水。なんとここで使っている浅間山系の伏流水は 200mg/L の硬水だという。

ふむむ...

ヨーロッパのレシピの再現に役立つか。

 

そして見学へ。

f:id:mash_jajp:20120811110912j:plain

f:id:mash_jajp:20120811110937j:plain

そびえ立つタンク。

f:id:mash_jajp:20120811111040j:plain

仕込み室には3つのタンクが並んでいて、右から糖化槽と煮沸釜の兼用、ろ過槽、ワールプールで、容量は 11kL。日本の地ビール工場で使っているものとしては最大だという。たしかに黄金井酒造などでつかっているものの3倍ぐらいあるか?

 

ちなみにベルジャンタイプなどでハーブを使う場合、この網に入れてワールプールに入れるという

f:id:mash_jajp:20120811112453j:plain

 

そして発酵室へ

f:id:mash_jajp:20120811112617j:plain

寒っ。

発酵室は当然冷房もかけずビニールハウスのようになっておりかなり暑かったが、こちらは寒い!

ここでは一次発酵と二次発酵のタンクが入っており、タンクの容量は20kL。

2回の仕込みを1つのタンクに入れて発酵させるとのこと。

 

f:id:mash_jajp:20120811113104j:plain

ここから発酵の様子が覗ける。

f:id:mash_jajp:20120811113204j:plain

そして二次発酵タンク。

まわりを覆っているのは温度を保つためのジャケット。

f:id:mash_jajp:20120811113148j:plain

林立するタンク。

ヤッホーブルーイングでは、二次発酵タンクで加圧することで、発行時に作られる炭酸ガスをビールに溶け込ませているという。

 

そしてさらに熟成室に。

f:id:mash_jajp:20120811113751j:plain

f:id:mash_jajp:20120811113759j:plain

f:id:mash_jajp:20120811113806j:plain

ここはさらに寒い!

 

そして同じ部屋にあるろ過器。

f:id:mash_jajp:20120811113932j:plain

向かって右から左にろ過される。

そして上においてある瓶は、もちろんろ過前とろ過後のサンプル。

f:id:mash_jajp:20120811114029j:plain

そして....

f:id:mash_jajp:20120811114131j:plain

味見!!

うま~。

 

f:id:mash_jajp:20120811114526j:plain

そして缶に詰める。

よなよなは缶ビールがメインなのだ。

製造コストは瓶のほうが安いが、流通やリサイクルを考えて缶を選んだとのこと。

 

f:id:mash_jajp:20120811114656j:plain

f:id:mash_jajp:20120811115152j:plain

ここは夏なので暑い。

いや、この温度差は大変だ。

 

さてあとはここまでの順路を戻って....

f:id:mash_jajp:20120812183510j:plain

試飲(テイスティング)だ!!!

 

ちなみおつまみは、蕎麦を揚げたもの

f:id:mash_jajp:20120812183555j:plain

ドライバーやお酒を飲めない人にはホップ水(ホップティー?)

f:id:mash_jajp:20120812183641j:plain

 

ビールの試飲は味の薄いものから。

ということで、まずはワイルドフォレスト。

f:id:mash_jajp:20120811115750j:plain

f:id:mash_jajp:20120811115831j:plain

さわやかで華やかな味。昼間飲む(^^;には良いな。

f:id:mash_jajp:20120812184056j:plain

 

2杯めは

f:id:mash_jajp:20120811120152j:plain

ベルジャン・ホワイト。

f:id:mash_jajp:20120812184225j:plain

この時期の特に昼間には最適。

 

そして

f:id:mash_jajp:20120811120551j:plain

よなよなエール

f:id:mash_jajp:20120812201742j:plain

f:id:mash_jajp:20120812201805j:plain

うまい!

これでは量が足りん!!

ということで、よなよなリアルエール相当の無濾過のよなよなエールを追加!!!

f:id:mash_jajp:20120812201906j:plain

どちらも旨い!!!!

 

さらにビールは濃くなって

f:id:mash_jajp:20120811121116j:plain

エクストラスベシャルビター(ESB)

こちらは樽がなかったので、缶から注ぐ

f:id:mash_jajp:20120812202126j:plain

f:id:mash_jajp:20120812202202j:plain

ふむ。ビター。

f:id:mash_jajp:20120812202300j:plain

 

さらに濃くなってきた!

f:id:mash_jajp:20120811121637j:plain

インドの青鬼。

f:id:mash_jajp:20120812202523j:plain

こちらも缶から。

旨いよ。

 

しかし、見学の人とよなよなの人の間で「最初飲んだときは」どうたら「修行」がこう、という話になっている。

 

黒ビール。ナショナルトラスト

f:id:mash_jajp:20120811122015j:plain

泡が多すぎて、注いで捨てているのがもったいないので、σ(゚゚)の分は泡が多くてもいいよ、ということで

f:id:mash_jajp:20120812202743j:plain

ふむ。美味しいが、σ(゚゚)の好みの黒ビールではないかな。

 

最後は、

f:id:mash_jajp:20120811122517j:plain

バーレーワインの「ハレの日仙人」

f:id:mash_jajp:20120812202909j:plain

これも試飲!

f:id:mash_jajp:20120812202940j:plain

イイネ。

まあ量を飲める ビールではないが、たまに飲みたくなる。

 

ということで色々飲んだが、やはりよなよなエールかよなよなリアルエールが良いかな。

後は特別価格のおみやげを買って、タクシーで新幹線駅へ。

たっぷり楽しみました。

 

ありがとうございました。 > ヤッホーブルーイングの皆様、そして一緒に見学した方々。( ^^)/